税金を節約する

相続税の非課税枠をしっかり利用

相続税の基礎控除額が15年から現行の5000万円から3000万円に減額されます。財産があればあるほど相続した財産に課税される割合が増えることになります。またいままで相続税がかからなかった人にも基礎控除が2000万減ることで相続税がかかることになります。消費税もあがり、相続税もあがる。何かいい節税対策はないかと頭を痛めている人も多いでしょう。相続税の基礎控除は減りますが、生命保険の課税控除額は現行のままかわりません。これを利用して節税対策をしてみるのもひとつの手です。死亡保険金の控除額は相続人1人につき500万円のままです。もし1,000万円の死亡保険金をかけていたとして相続人が4人いたとすると500万円×4で2,000万円の控除額になりますので死亡保険金1,000万円の課税額は0円となります。

知っている人ほど得する仕組み

このように節税対策として生命保険を利用することは資産を多く保有している人たちの間では一般的でした。しかし相続税の基礎控除が引き下げられたことにより今まで節税対策を考える必要が亡かった人たちも考える必要がでてきました。そしてこの傾向はこれからも続いていくと思います。そうなってくると契約をしなくとも節税対策のためと割り切り、保険会社の人と定期的に関わっていくことも節税対策としては大いに有効だといえます。制度の利用によって支払う税金の割合が大きく変わってくるのが税の特性です。ですから普段から税金制度に関心をもつことが何よりも節税対策となります。誰が保険者で被保険者になるのかによっても節税の割合が大きくかわってきます。